欠かせないブラシの選び方とお手入れ方法

髪のお手入れとして最も大事な物の一つにブラッシングがあります。
この際に使うブラシの選び方も大事なポイントになってくるのです。
髪を梳くときに気になるのが静電気です。
ブラッシングは髪との摩擦ですからどうしても静電気が帯電してしまいやすいという問題があります。
その時使う櫛しだいで、こうした静電気を改善することもできるのです。
まず、プラスティックなど化学素材で出来ている用具はどうしても静電気が帯電しやすいというデメリットがあります。
プラスティックの下敷きで頭をこすると髪が立ち上がったように、同じ現象がブラッシングの時に起きてしまい、髪に対するダメージとなってしまうのです。
そこでおすすめしたいのが柘植や、豚の毛などで出来ている自然素材のものです。
柘植はもともと日本で髪に良い素材として古くから櫛として使われていましたが、最近ではブラッシングに最適な、先端を丸くしたものが人気になっています。
ブラッシングの後にパッティングして頭皮マッサージにも使えるのも魅力です。
獣毛のものも髪にダメージを与えず、つややかに仕上げてくれます。
お手入れは弱酸性の洗剤で定期的にゆすいであげるといつまでも清潔なブラッシングが可能になるのです。

Comments are closed.