ファンデーションとBBクリーム、どう使い分けたら良い?

ファンデーションとBBクリームを、用途に合わせて使い分けたいと考えている方が多くなっています。
リキッドタイプのファンデは、薄付きなのにカバー力が高いので、しみやそばかすをカバーしやすいのが特徴になっています。
長時間、きれいな状態を長持ちさせたい時は、ファンデを使用するようにすると良いでしょう。
韓国などだけでなく、日本でも人気の高いBBクリームは、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの美容成分が含まれていて、化粧下地や日焼け止めなども含まれています。
ファンデに比べると、カバー力が弱いと感じている方が多いですが、保湿効果が高いので、エアコンの効いた部屋などで乾燥しやすい時や、乾燥肌の方にお勧めしたいです。
最近は、高品質で上質な商品が数多く販売されているので、カバー力が強い商品も増えています。
韓国製の商品も人気が高いですが、国産の商品は日本人の肌質や気候に合わせて作られているので、できれば国産の商品を選んだほうが良いでしょう。
数多くのお店で販売されているので、信頼できるお店の商品を選ぶことが大切です。
BBクリームは、ファンデに比べるとお肌に優しいので、ピーリングを受けた後でも使用することができます。
ビューティー30 ビューティー29